【生理周期で体臭が強くなる時期はワキガにも注意】

生理前は体臭がきつくなりやすい

 

女性のわきが対策おすすめ商品ランキングはコチラ

 

皮脂分泌が増加する黄体期に注意!

女性の体は生理周期に合わせてすべてが変化します。

 

生理前になると黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加し、太りやすくなります。

 

精神的にもイライラしやすくなります。

 

わきががない人も体臭が強くなりがちで、その理由は皮脂の分泌量が増えるからです。

 

また、この時期は体温が高めに推移し、汗をかきやすく、菌が繁殖しやすいことも原因です。

 

わきがの人はもちろんわきが臭が強くなります。

 

黄体ホルモンが増える黄体期は、特に念入りなワキガ対策をすべきということです。

 

デンマーク生まれの人気わきが防臭剤デトランスα

 

逆に生理が終わってから排卵までの時期は、卵胞期と呼ばれ、少し手を抜ける時期です。

 

この時期は黄体ホルモン(プロゲステロン)が減少して、卵胞ホルモン(エストロゲン)が増えます。

 

体はすらりと痩せやすく、出るとこは出て、お肌の調子もよく、女らしい体つきになります。

 

皮脂分泌量も減って、お肌はサラッとして、ニオイも軽めです。

 

こうした体臭と生理周期の関係を知って、メリハリの効いた消臭対策をしましょう。

 

おりもの原因の臭いとすそワキガを区別する

わきがの人でもすそワキガがある人は一部です。

 

すそワキガは陰毛のある部分から出た皮脂が雑菌に分解されてニオイを発するもので、ワキのわきがと同じ臭いです。

 

生理前になるとアソコが臭うので「あ〜あ、私はすそワキガなんだ」と思っている人、この点をちゃんとチェックしてください。

 

  • 臭いを発しているのは陰毛のある部位か?
  • 臭いはワキの臭いと同じか?

 

これが2つともイエスなら、すそわきがであり、陰毛のある部分を清潔にして、すそわきがクリームを塗るのが対策となります。

 

しかしノーならばすそわきがではないので、別の対策が必要になります。

 

生理前には誰でもおりものが増加する傾向にあり、これがしばしば体臭の原因になります。

 

その場合、ニオイの発生場所は陰部の内側やおりものであり、ニオイの種類もワキとは違います。

 

この場合は、デリケートゾーンの内側を清潔に保ち、下着をこまめに替えることなどが対策になります。

 

臭いの原因をしっかり見極めて、それに合った対策を取ることが大切です。

 

女性のわきが対策おすすめ商品ランキングはコチラ