【わきがの手術療法|女性のわきが対策】

美容外科という選択肢について

 

次のような方は、トップページで紹介したような商品ばかりでなく、美容外科という選択肢も検討すべきです。

 

美容外科のわきが施術を検討すべき人
  1. わきがが強すぎて、塗るデオドラントでは力不足
  2. 臭いケアに疲れたので、根本解決をはかりたい

 

美容外科のわきが施術の種類

切るのは怖い、手術は痕が残る、と思って躊躇する方も多いでしょう。

 

しかし、今は切らずに汗腺を除去する方法もあるのです。

 

レーザー治療

皮膚を傷つけず、レーザーを照射して皮下の汗腺を破壊する方法です。

 

「ミラ・ドライ」などの機械が有名。

 

手術は怖い、絶対に痕が残るのは絶対イヤという人におすすめです。

 

比較的症状が軽い人はこれで永久解決します。

 

ボトックス治療

ある種の細菌から取った物質を注射する方法です。

 

半年ぐらいしか持続しませんが、施術が簡単だし、発汗自体を抑えるので、効果は塗る防臭剤より確実にあります。

 

比較的安価なので、毎年夏前の定番メンテにすることも考えられます。

 

「手術はしない」が譲れない人にはアリの選択肢でしょう。

 

シェービング法

皮膚に小さな切り口を開け、細い棒を挿入して汗腺を破壊して吸い取る手術です。

 

手術といっても傷口は1センチ程度で、完治後はほとんどわからなくなります。

 

シェービング機には複数の種類がありますが、ベイザーは強力でニオイの除去率は90%以上になります。

 

完全摘出法

医師が汗腺を目で確認しながら、ひとつずつ除去する手術です。

 

4センチくらい切り、そこから皮膚を裏返して汗腺を取り除いた後に元に戻します。

 

重症の方、一度で完全解決したい方、ニオイを極限までなくしたい方はこの方法がおすすめです。

 

今の技術だと手術跡はほとんど目立ちません。

 

また、切り口がさらに小さくて済む(1.5〜2.0cm)湘南美容外科の「マイクロ完全摘出法」なども開発されています。

 

費用の考え方

美容外科は高額だからという理由で尻込みする人も多いと思います。

 

たしかにデオドラントなどに比べたら圧倒的に高いです。

 

しかし、デオドラント等のわきが対策に年間数万円使っているとして、それが何十年、生きている間続くなら累計金額はどうなるでしょう?

 

しかも症状の強い人の場合は、その期間もずっと「十分消臭できてなくてまだ臭うのではないか?」という不安に苛まれるわけです。

 

そのために恋や仕事に積極的になりきれない人生の損失まで含めて考えるとどうでしょう?

 

いっそ美容外科で完全決着したほうが安いという場合も少なくないはずです。

 

完全摘出手術なら両わきで15万円程度、傷跡がより目立たない方法でも30万円くらいからできます。

 

症状が強い場合、不安や不快感が強い場合は、積極的に比較検討してみるべきだと思います。

 

おすすめの美容外科クリニックは?

湘南美容外科がおすすめです。

 

複数のおすすめをランキング形式で示したいところですが、他にははっきりおすすめできるところがありません。

 

ホワイトな理念を掲げる湘南美容

美容外科の世界は金儲け主義の悪質な医師もいて、正直ちょっとグレーな面もあります。

 

湘南美容はそんな世界で、ホワイトな理念を掲げることで急成長しているクリニックなのです。

 

  • 儲かる手術でも相手のためにならないと判断したら断る
  • 医師自ら積極的に手術を体験して、よいものを勧める
  • 手術前にデメリットやリスクを十分説明して、納得して受けてもらう
  • 強引な勧誘や化粧品等の押し売りをしない。
  • 料金は明快にし、公開する
  • ビフォーアフターの実績写真をできるだけたくさん公開する
  • 手術後は医師の方から積極的にフォローを入れる

 

どれも当たり前に思うかもしれませんが、10年前は業界になかったやり方です。

 

グレーなルールをぶち壊すことで、患者とドクターが集まってきて、急成長しているのです。

 

良心的な美容外科はほかにもあるでしょうが、上記のような方針を公言までしているクリニックは湘南美容だけです。

 

安心感・信頼感ではベストのクリニックだと思います。

 

全国44院で最寄りが見つかりやすい

湘南美容外科は北海道から沖縄まで44もの拠点があり、業界最多です。

 

2位の城本クリニック27拠点を大きく引き離し、有名な高須クリニックに至ってはわずか5拠点。

 

近場での利用のしやすさという点でも湘南美容外科がおすすめです。

 

湘南美容外科・わきが治療の詳細はコチラ