【思春期に始まるわきがに子供が苦しまないように親が注意してやるべきこと】

子供の苦しみを先手を打って取り除く

 

女性のわきが対策おすすめ商品ランキングはコチラ

 

いじめ・コンプレックスの原因になるわきが

わきがは思春期に始まります。

 

青春時代のある日、突然に周囲の生徒から「臭い。変なニオイがする。」と言われて、距離を置かれるわけです。

 

こんなつらいことはありません。

 

特に女の子は絶望的な気持ちになることも多いでしょう。

 

明るかった子が劣等感に苛まれて暗い性格になってしまうこともあります。

 

わきが臭をきっかけに陰湿ないじめが始まることもあります。

 

子供はどうして自分だけそんなニオイがするのか、どうしたら臭いが消えるのか、わからなくて非常に苦しみます。

 

また、わきがは自分では臭いがわからないことが多いです。

 

それだけにどこまで対策しても「自分がわからないだけで、まだ臭いのではないか?」という不安に苛まれます。

 

自臭症に陥ってしまうこともあります。

 

こうしたことを防ぐために、わきがのある子に対しては親が積極的に情報を集めて指導してあげるべきだと考えます。

 

親が子に指導してやるワキガ対策

具体的には次のようなことが考えられます。

 

上から3つは幼い頃から躾けましょう。

 

  1. ワキや陰部を良く洗って清潔を保つ指導をする
  2. 汗をこまめに拭く習慣をつける
  3. 下着をこまめに替えてやる
  4. よく効くデオドラント商品を教えてやる

 

4つ目はまず、一般的なデオドラント商品を早めに教えてあげるのがいいでしょう。

 

わきがが出なければ、そのままでいいです。

 

実際にわきがが発症したら、わきが対策専用の商品に切り替えます。

 

遺伝しやすいワキガ

わきがは優勢遺伝といって、遺伝形質が現れやすい体質です。

 

片方の親がワキガの場合、こどもがワキガになる確率は50%。

 

両親ともにワキガの場合は80%の確率で遺伝します。

 

ということは親のどちらかがワキガなら、子供にわきがが現れる可能性が高いと考えて、思春期に向けて準備をすべきなのです。

 

わきがが自分でわからないのは、臭盲といって特定の臭いだけを感じることができないことが原因の場合もあります。

 

しかし、わきがの子は親がワキガである場合が多いため、家族の臭いに慣れていて違和感を感じないという場合もあります。

 

その臭いがある日、自分の体からも出始めて、周囲のクラスメートに拒絶されるわけです。

 

いずれにしても子供はまったく心の準備ができていないので、親が早いうちから対策の研究と指導をしておくべきだと考えます。

 

女性のわきが対策おすすめ商品ランキングはコチラ