【女性のワキガ用おすすめデオドラントクリームの紹介と、体臭を軽減する情報】

アポクリン腺から出る汗が悪玉

 

女性のわきが対策おすすめ商品ランキングはコチラ

 

2種類の汗

わきがは汗に含まれる物質が細菌によって分解され、悪臭を放つことで起きます。

 

実は汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類があって、出る汗の成分が違います。

 

体臭の原因になる物質を多く含んでいるのはアポクリン腺の方です。

 

この汗腺から出た汗が、コリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌などに分解されて悪臭を放ちます。

 

ワキガの人はアポクリン腺の成分が一般の人より濃厚なのです。

 

ワキガ対策では2種類の汗を区別し、アポクリン腺をメインに対策を取っていくことが大切です。

 

アポクリン腺はどこにある?

アポクリン腺は、ワキ・下腹部(アソコ周り)に特に多く分布しています。

 

ほかには耳の後ろ、耳の穴の中、鼻筋の両脇などに多いです。

 

ワキガ対策においては、そういう部位の消臭と制汗に注力することが大切です。

 

汗というと、夏場に額や胸に流れる汗をイメージしますが、そういう汗はエクリン腺から出るもので、ニオイはそんなにきつくないのです。

 

エクリン汗も別な意味で注意

しかし、エクリン腺から出る汗がワキガ対策と関係がないのかというと、それも違います。

 

だらだら流れる汗は、アポクリン汗からできた悪臭物質を体中に流し広げる役割を果たすからです。

 

臭い対策はアポクリン汗中心でいいですが、エクリン汗もこまめにふき取る努力が必要です。

 

また、ワキや下腹部に塗ったせっかくの制汗剤や消臭剤を洗い流して、ニオイケアの邪魔をする面もあります。

 

制汗剤やデオドラントを1日数回つける、汗で流れにくい商品を選ぶ、などの工夫も必要になります。

 

女性のわきが対策おすすめ商品ランキングはコチラ